銀行の店舗は 100人以上の大規模店から 50人前後の中規模店 
20人程度の小規模店まで様々な店舗があります。
銀行によって いろいろな呼び方はありますが 
支店・支社 リテール・法人 サービス課(預金係)・相談課など
担当業務が分かれ 担当者・役席者の人数もかわってきます。

大きな店舗での話・・・

支店長は 全体を統括しますが 個々の課の詳細については
次長や課長に一任し ミーティングで報告を受けます。
その日午前中は 週一の次長・課長とミーティング。

午後になって
『次長 支店長室に来てもらえますか』
『はい 支店長』

『先ほどの 窓口のトラブルについて 詳細 聞かせてください』
『すみません 少し気分が悪く 外の空気を吸いに離席していたので
 把握していませんでした。 後ほど確認して ご報告します』
『健康管理は自己責任ですから 気をつけてくださいね。
 報告もお願いします』
『承知しました 申し訳ありません』

支店長:49歳  次長:53歳

『そういえば次長 午前中となんだか雰囲気変わってませんか』
『そうですか・・・』
『まさかと思いますが 気分転換に床屋に行ってませんよね』
『支店長 よくおわかりになりましたね
 床屋は気分転換に最高なんです!
 先輩から身だしなみは 銀行員の基本だとよく言われたものです』
『・・・・・・・・・・はぁ・・・・・』

6ヵ月後・・・
定例異動で 次長は めでたく出向となりました。

次長の常識は 銀行の非常識

読んでくださってありがとうございました。
「ポチッとしてもらえると励みになります!」

ブログランキング・にほんブログ村へ 銀行の常識は 世間の非常識 - にほんブログ村