銀行員と言えば お札を軽やかに数えるイメージですね
お札を数えることを 札勘(サツカン)と言います。

札勘は タテ勘・ヨコ勘の2回し 合致を確認します。

最初に
タテ勘:お札を縦にもって 他の金種などの混入がないことも確認しながら数えます。

ヨコ勘:お札を扇状に広げて 枚数を数えます。

ヨコ勘は 4枚づつ25回で100枚もあれば
5枚づつ20回など 様々です。

綺麗な扇を作れるようになるには 涙ぐましい努力があるのです・・・

読んでくださってありがとうございました。
「ポチッとしてもらえると励みになります!」

ブログランキング・にほんブログ村へ 銀行の常識は 世間の非常識 - にほんブログ村