「おはようございます! 集金にまいりました。
 今日から よろしくお願いします」

前任者から引き継いだ 1週間に2回行く ガソリンスタンドへの集金。
初日の今日・・・背筋がピンと伸びます。
なんせ 集金をするのは 銀行員になって初めて
前任店は 法人店舗だったので 集金に行ったことがない。

『おー ありがとう 待ってたよ お金はここだよ』
社長から ごそっとお札と硬貨の入った木箱を渡されます。

まずは硬貨を数え 次にお札・・・
銀行員らしく 指を巧みに使ったふりをして最後に かっこよくお札をパチンと!

「社長 お預かりします」
意気揚々と支店へ戻りました。

支店への帰り道 お札の金額大丈夫かなぁ・・・
なんだか2枚違ってたような気も・・・・・

お金を入金機に投入・・・ガラガラガラ

「あれ」
目の前が真っ白に・・・預かり証の金額より 入金機が数えた金額が少ない。
頭がクラクラ どうしたらいい どうするべき 
入金機の前でひとり呆然と立ち尽くすこと 5分。

「社長に 正直に話して謝ろう」

すぐさま ガソリンスタンドに戻り
「社長 すみません 入金金額 数え間違えました 本当にすみません」

怒鳴られるのではないかと 心臓がバクバク

じーーーっと私を見る 社長の視線が 
『お金 盗んでないよな』っと 言っています。

「札勘が苦手で 間違えました 大変申し訳ありません」
・・・
・・・・
・・・・・
『わかった 君を信じるよ 次は 間違えるなよっ』

「ありがとうございます」

はぁー よかった 正直に謝って

ミスは隠さない
正直に認める
謝ることは恥ではない

決して忘れることができない ありがたい経験
社長の懐の深さに 感謝です。

読んでくださってありがとうございました。
「ポチッとしてもらえると励みになります!」

ブログランキング・にほんブログ村へ 銀行の常識は 世間の非常識 - にほんブログ村