日本人は無類のゴルフ好きですが 銀行員も負けてはいません
なぜか1年を通じことあるごとにゴルフコンペ。

いつもゴルフ好きの支店長の一言で
1ヵ月に3回はラウンドしています。
そしてなぜか プレー代とは別に参加費を提案します。

4月・・・某半島のゴルフ場でコンペの話になりました。
参加費は ひとり5,000円
高くない・・・何に使うのか
朝食と昼食は プレーだいに含まれているはず。

幹事の松本さんに聞きました。
「今回の参加者20名 参加費は何に使うんだい」
『終了後の打ち上げらしいよ。
 乾き物10袋と 缶ビール40本って言われてる。
 近くの駅までは 各自現地集合で 駅からゴルフ場のバスが用意されるよ』

乾き物10袋 10×300円=3,000円
缶ビール40本 40×300円=12,000円
参加費計 100,000円で 残り85,000円

2位 高級ゴルフボールセット
3位 帽子・グローブ
ブービー賞などなどありますが
それでも 50,000円ぐらいは残ります。

コンペ当日
ハンデ・OKなしの緊迫したゴルフが繰り広げられ
なんと優勝は!

IN38 / OUT43
ダントツ支店長が 優勝

さすがです・・・月3回のラウンドの成果

全員から拍手を受け 有償目録を満面の笑みで受取る支店長

「支店長 さすがです 今度 ご指導お願いします。
 ところで 優勝商品はなんでしたか」
『商品券らしいよ』
「ぇっ ご家族に還元されるんですか」
『そうだな 愛車のベンツのタイヤ交換したいから その足しにしようかな』

後日談
現在 支店長の愛車のベンツのタイヤ3本
ゴルフコンペの優勝商品で取替えたとか・・・

呆れて言葉も出ません・・・これって フツーですか。

読んでくださってありがとうございました。
「ポチッとしてもらえると励みになります!」

ブログランキング・にほんブログ村へ 銀行の常識は 世間の非常識 - にほんブログ村