今では一般的になってきた 銀行の生体認証

「お客さま ご面倒をおかけし申し訳ございませんが
カイロで手を温めていただけますでしょうか」

この時期あるあるです。

生体認証・・・指紋・静脈・顔・虹彩いろいろありますが
セキュリティの高さの一方で厄介なヤツなのです。

静脈認証は 冷えているとなかなか反応せず
お客さまの手を握って 温めるわけにもいかず
ひとまずカイロで温まっていただく光景が。

『今日も ダメね 困っちゃうわね』と苦笑いしつつ
カイロでほっこり
『そろそろ いいかしら・・・あら やっぱり温まるといいのね』

無事 認証できお取引できました。

コロナ禍で スマホの顔認証もなんだか微妙な感じですが
パスワードより便利で安心感は感じますね。

まだまだ セキュリティ上疑問の残る課題もあるようですが
生体認証が生活に密接する日も遠くないのではないでしょうか。

みなさんは 生体認証と聞いて 何を思い浮かべますか・・・

読んでくださってありがとうございました。
「ポチッとしてもらえるとモチベーション上がります!」

ブログランキング・にほんブログ村へ 銀行の常識は 世間の非常識 - にほんブログ村